Twitter広告の3つの成功事例と成功のための3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な広告を運用する中で、「新しい打ち手としてTwitter広告を実施してみたい」「Twitter広告での成果が伸び悩んでいる」など、Twitter広告に注目しているWeb担当者は多いのではないでしょうか。

Twitter広告は、他の広告とは大きく異なるプロモーション手法や、ユーザ独特の傾向があり、自社のサービスや商品に適した使い方を見つけるのが難しい傾向にあります。弊社では、様々な企業でのTwitter広告を運用した実績があります。ここでは事例とともに成功のためのポイントをご紹介します。

Twitter広告の3つの成功事例

1.ツイート内容の変更で、プロモツイートのCPCが半分になった事例

Twitter広告の種類の1つ、プロモツイートはタイムラインに通常のツイートと同じように表示される広告です。

プロモツイートでは、Twitterの特徴を理解したうえでツイート(文面)を考える必要があります。ツイート内容を変更することで、プロモツイートの”CPC”が半額になった「美容系ECサイト」の事例を紹介します。

Twitterユーザの目線に立った適切なプロモツイート

Twitter広告は、「なう」(「今、○○している」という意味のTwitter独自の用語)など多くのユーザが独特の表現を使用しています。そのため、リスティング広告やFacebook広告を含め、そのほかで反響の良い表現が、Twitterでも効果的であるとは限りません。

独特な表現が多いTwitterのタイムラインでは、「広告っぽさ」が強いと、ユーザから見ると異質なものとして捉えられてしまう場合があります。そこで、ユーザにとってのメリットを強調したツイートから、ほかのツイートと馴染みが深い、ユーザの悩みを直接的に表現するツイートに変更したことで、プロモツイートの“CPC”が半分になりました。

Web広告では一般的にCTRの高い広告(よりクリックがされやすい広告)はCTRが低い広告よりもCPCが安くなります。この例もそれにならった結果です。変更前よりもクリックがされやすくなり、CTRが高まったことでCPCが安くなりました。

各Twitterユーザのツイートを見てみると、丁寧というよりは、カジュアルな口語体でのツイートがほとんどです。
もし今、プロモツイートを実施していてCTRなどの効果に伸び悩んでいる場合は、ユーザのテンションと近いカジュアルな文体や画像で訴求をしていけば効果改善に結びつくかもしれません。口語体にするだけではなく、短い一文で簡潔に商品説明をするなどで、ツイート文章を活かすこともできます。

どういったツイートがベストかは業種や商品によって異なるものです。

複数パターンのツイート文章を入稿し、何が1番CTR・CVRが高いツイート文章となるのか? テストしながら効果の改善を図っていきましょう。

2.画像よりも動画!動画付きツイート広告で遷移率が3倍になった事例

Twitter広告では、画像(Twitter広告ではカードと呼ばれる)付きのツイート広告だけでなく、動画付きツイート広告(プロモビデオ)も配信できます。「大手家電メーカー」で実施したTwitter広告では、動画付きツイート広告を採用したことで画像付きツイート広告よりも”遷移率”(ツイートのリンクをクリックして、サイトに訪問した率)が3倍になりました。

自動再生でユーザの注目を集めるTwitterの動画付きツイート広告(プロモビデオ)

Twitterの動画付きツイート広告は、動画が自動的に再生されるため、必然的にユーザの注目を集めることが可能です。Twitterでは、動画を簡単にアップロードして投稿できることから、一般ユーザも様々な動画を投稿しています。

「大手家電メーカー」で実施したTwitter広告では、動画付きツイート広告の方が画像付きツイート広告よりも、”遷移率”が3倍となりました。

画像で興味を引き付けるよりも、動画の中で商品の紹介をわかりやすくユーザに伝えられたため、より興味関心を掻き立てられた、と言える成功事例です。

魅力的な動画⇒より詳細が気になる⇒ウェブサイトへ遷移 という流れです。

この大手家電メーカーに関しては成功した事例と言えますが、どの業種でも動画付きツイート広告が成功するとは限りません。

動画自体の良さが結果を左右するということも認識しておいてください。

1枚画像と動画、2つの広告を同時に実施し、どちらが効果的なのかテストをしてみるとよいでしょう。

Twitter動画付きツイート広告は、動画が再生された時点で課金がされます。

動画をユーザに見てもらうことを目的としたプロモーションであればいいのですが、Webサイト遷移目的やコンバージョン目的でのプロモーションの場合、CTRやCVRの低下もおおいにあり得ますので、広告の効果を注視していくことが重要です。

3.アンケート付きツイート広告でCPAが2/3、多くのCVを獲得できた事例

 

Twitter広告では、静止画・動画のほかにアンケート付きツイート広告の配信が可能です。ユーザがキャンペーンに参加する形の広告なので、「オンライン英会話」サービスで実施したアンケート付きツイート広告では、通常のプロモツイートよりも”CPA”が2/3となり、1週間で比較して25倍の”CV”を獲得することができました。

アンケート付きツイート広告でユーザも巻き込んだキャンペーンに

Twitterのアンケートはユーザが手軽に答えられます。名前などを記入することもなく投げかけられたアンケートの回答を選択するだけです。

ユーザが面白いと思うアンケートであれば、リツイートがされます。

リツイートされた分のアンケート付きツイート広告は、URLをクリックされても課金がされない仕様になっています。

そのため、ユーザが面白い!と思えるアンケートを作成し、より多くのリツイートがされれば非課金の広告が増え、自然とCPCもさがっていく傾向にあります。

この事例では、アンケートの内容を英会話に関連するものにしました。英語にもともと興味のあるユーザを対象として配信。興味があるのでアンケートに答えてもらえる、アンケートに答えたことで英会話へのモチベーションが上がり、ツイート文内に入れたWebサイトへのURLのクリックを促進できたと仮定ができます。

このように、プロモーション内容に沿ったアンケート内容+プロモーションのカテゴリにもともと興味のあるユーザへの配信、を実施することで効果が上げられると想定ができます。

「オンライン英会話サービス」でTwitter広告を運用している中で、プロモツイートではCV獲得(申込)が伸び悩んでいましたが、アンケート付きツイート広告を実施、併用したことで”CV数”を大幅に伸ばすことができました。

ぜひ1度アンケート付きツイート広告を試してみてはどうでしょうか?

Twitter広告が成功した事例の3つのポイント

ここまで、紹介した成功事例のポイントを振り返ります。

1.ツイート(文面)はユーザ目線で!

独特な表現の多いプロモツイートの文言で重要なポイントは、「ユーザ目線」「ユーザに寄り添った」内容であることです。単に、ほかの広告で反響の良かったキャッチコピーをそのまま使うのではなく、Twitterユーザにマッチしたツイートを作成しましょう。

言い換えれば、わかりやすい訴求軸を端的にまとめた「機械的なツイート」ではなく、「人間味のあるツイート」を心がけましょう。

2. 動画があれば、プロモツイートのみでなく動画付きツイート広告(プロモビデオ)を実施!

自動再生される動画により、Twitterのタイムラインの中で、注目を集めることが可能です。ほかの媒体で動画広告を配信している場合、ぜひTwitterでも動画付きツイート広告をトライしてみると良いでしょう。

Twitterと相性が良いはずの商品やサービスで、なかなか反響を得られない場合は、Twitterの動画付きツイート広告の実施を検討しましょう。

3. アンケート付きツイート広告は有効な選択肢の1つ!

アンケートはユーザの興味を集めやすいコンテンツなのでTwitter上での拡散を期待できるアンケート付きツイート広告は、Twitter広告を実施するときに検討したい施策です。

通常のプロモツイートを配信し続ける中で、ツイートの内容を変更することで、ユーザを飽きさせないことは重要です。アンケート付きツイート広告を組み合わせて実施することで、一般的なプロモツイートとは異なる見せ方ができるため、ユーザの飽きを防ぐという意味でも有効な施策です。

まとめ

Twitter広告の成功事例と成功のためのポイントを紹介しました。Twitter広告では、流れてしまいやすいTwitterのタイムラインでいかに注目を集めるかが重要です。どの種類の広告を選択、あるいは組み合わせて利用するかがTwitter広告成功のための鍵となります。

株式会社メディックスでは、多くの実績から、各企業様のサービスや商品に最適なTwitter広告活用のご提案が可能です。Twitter広告の実施を検討している企業様、実施してみたけれど成果が出ない、伸び悩んでいるという企業様は、お気軽にご相談ください。

参考

CPAが1/4になる!?Twitter広告のすべて一挙公開!! 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WEBマーケティングの成果を上げたい方へ

ウェブ部の運営団体である「株式会社メディックス」は、WEBマーケティングに関するコンサルティング及び代理店サービスを提供しております。
メディックスは成果を上げるために、以下の点にこだわります。

  • ・徹底的な顧客理解
  • ・ユーザー視点でのプランニング
  • ・マーケティングパートナーとしてのビジネススタンス

ウェブ部の内容に少しでも興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください。


ご相談・お問い合わせはこちらから

WEBマーケティングの成果を上げたい方へ

ウェブ部の運営団体である「株式会社メディックス」は、WEBマーケティングに関するコンサルティング及び代理店サービスを提供しております。
メディックスは成果を上げるために、以下の点にこだわります。

  • ・徹底的な顧客理解
  • ・ユーザー視点でのプランニング
  • ・マーケティングパートナーとしてのビジネススタンス

ウェブ部の内容に少しでも興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください。


ご相談・お問い合わせはこちらから